トピックス&ニュース

2021/02/18ネットビジネスの申告でお悩みの方へ

  • ネットビジネスの分類と税務処理


  • インターネットビジネスは、今は多肢に渡る収入方法があります。

    その中で代表的なものをご紹介します。いずれの収入も確定申告が必要です。

     

  1. ①インターネット広告 

     成果報酬型=アフィリエイト、クリック型、動画広告型

     ◆所得区分:事業or雑(会社員副業)

     ◆売上処理:ASP管理画面で把握、計上時期は各ASPが個別に決定している。

           ギフト券やポイントで報酬をもらうケース有り。

           多くの事業主が売上と認識していない(アマゾンなど)。

     ◆主な経費:PC、通信費、サーバー、ドメイン代、レビュー取材費用、消耗品費

  2.        ソフト代、広告宣伝費、研修費セミナー代、書籍代、交際費、外注費、旅費

※海外ASPへの売り上げの消費税区分:国境を越えた電気通信利用役務の提供=不課税 

※事業主以外のアカウントで発生した収入:夫が妻名義で作成したアカウントで、

  管理は夫の場合、実質所得者課税の原則で夫の所得

※レビュー品を売却した場合の所得区分:事業所得(雑収入)

※収入の属性や他の所得により該当する所得が異なります。

                  

  1. ②インターネット物販

     物を仕入れて売る商売をされている店、形態により所得区分が異なります。

     取引範囲

      国内仕入国内売上・海外仕入れ国内売上・国内仕入海外売上

     販売チャネル

      プラットフォーム型

      ECサイト構築型

     ◆所得区分:事業or雑(会社員副業)

     ◆売上処理:プラットフォーム(アマゾン・楽天)管理画面で把握、

           Amazon:セラーセントラルという管理画面から期間を指定して

           売り上げレポート表示

           ECサイト構築の場合、そのシステムから独自に出力する必要

 ◆在庫把握:プラットフォーム管理画面で取れるケース有り

 ◆その他の経費:プラットフォーマ―への手数料・システム利用料・販売手数料・

          配送代行・在庫保管手数料(各プラットフォーム管理画面で確認可)

          決済サービス会社へ支払う手数料(Paypal/Payoneerなど)

 

今後コラムなど更新させていただきますので、

弊社で何かお力になれることがあれば幸いと思います。

収入が少ないのでどうすればよいか、副業でネットビジネスをしたが

確定申告が必要かどうかわからないという方は、お気軽にお問い合わせください。


2021/02/18目次

トピックス&ニュースの目次はこちら

http://www.takadakaikei.co.jp/news/

2021/02/10【内閣官房】新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内

内閣官房のホームページでは、新型コロナウイルス感染症に伴う

各種支援の一覧の案内がございました。

見やすく、情報量も多いサイトとなっております。

https://corona.go.jp/action/


2021/02/03【国税庁】 申告・納付期限延長

国税庁から、申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限を

令和3415日(木)まで延長するという発表がございました。

https://www.nta.go.jp/data/030202kigenencho.pdf

 


2021/01/20【ご案内】リモート会議システムを導入しました

髙田総合会計事務所では、新型コロナウイルスの

感染拡大防止および働き方改革推進を目的に、

リモート会議システム(ZOOM等)を導入しました。

 

簡単な手順で直接お会いすることなく、オンラインで

お打ち合わせや税務相談が可能となりました。

 

くわしくはお気軽にお問い合わせください。

 

 

「スタートアップキャンペーン」

令和31月~3月までの期間にご利用いただいたお客様に

QUOカード1,000円分プレゼントいたします。

※スタートアップキャンペーンは契約されているお客様に限ります。


コンサルティング

目的からメニューを探す

特化業種別税務業務

高田総合会計事務所通信 HEARTCOMMUNICATION 最新税務情報や、 会計にまつわる情報を季節ごとにお届けしています。

解りにくい会計用語をご紹介 専門用語一覧

このページのトップへ